神経疾患
  1. トップページ
  2. 顔面痙攣

顔面痙攣

疲れたとき、寝不足のとき、緊張しているときなどに目の下が勝手にピクピクと動いてしまう、ということを経験されたことがある方は多いかと思います。
顔面痙攣の症状もまずはそこから始まり、次第に悪化してしまいますと目を開けられなくなったり、口が引きつって上手く喋れなくなっていきます。

大きな病気の前兆であることも
頻繁に目の下の痙攣が起こっている方の場合には、いつものことだから大したことないと考えてしまいがちです。しかし、実は脳梗塞や心筋梗塞といった大きな病気の前兆としてあらわれる症状であることも御座います。
そのため、症状が長く続いたりさまざまな部位が痙攣を起こすようになったときにはお早めに医療機関にて検査をすることをオススメいたします。
病気の疑いが無いという場合には、葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院での治療でしっかりと改善させていくことが出来ます。

針灸治療で自律神経のバランスを整える
顔面痙攣は、ストレスが溜まっているなど精神的な問題から起こることも御座います。
病院では筋肉をマヒさせる注射を打つという治療が一般的ですが、顔面痙攣の症状が一時的に治まっても根本からの改善にはなりません。
ストレスによって乱れてしまっている自律神経のバランスを葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院の治療によって整えていき、ストレスを減らしていくということが根本からの治癒へとつながっていきます。

ご予約・お問い合わせは 当院への交通アクセス

交通事故・むちうち症