呼吸器系・消化器系
  1. トップページ
  2. 逆流性食道炎

逆流性食道炎

逆流性食道炎というのは、食道が炎症を起こしてしまい、胃のむかつき、胸やけ、お腹のハリがあったり、食事をしてもすぐに気持ち悪くなって戻してしまうというなどの症状があらわれます。
最初は胃薬を飲めば大丈夫だろうという症状から始まりますが、しばらくしても症状が続くという場合には葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院にて正しい治療が必要です。

原因をしっかり見極めましょう
逆流性食道炎を起こす原因というのは大きく分けると二つ御座います。まずはストレスによって起こる場合です。
もう一つは暴飲暴食や睡眠不足などの生活習慣の乱れによるものです。生活習慣が原因になっている場合には、ご自身で気を付けて改善していただくことで症状も治まってきますが、精神的なことが原因である場合にはきちんと治療をしていった方が早く改善出来ます。

お薬に頼り過ぎている方へ
病院ではお薬の処方がメインの治療となりますが、逆流性食道炎は多くの場合で長期的にお薬を飲み続けることになります。
そうしますと、お薬が無いと落ち着かなくなり手放せなくなってしまいます。
葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院では原因を見極めた上で患者様にとって最適な治療を組み合わせていきます。お薬を使うことなく、しっかりと改善出来ますのでご安心ください。

ご予約・お問い合わせは 当院への交通アクセス

交通事故・むちうち症