首頚腕の疾患
  1. トップページ
  2. 頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアは、頚椎の椎間板の中にある髄核がなんらかの影響によって飛び出してしまい、脊髄や神経根を圧迫して痛みや痺れを引き起こすという疾患です。
人間の身体の中でもとても大切な部位ですので、葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院にてきちんとした治療を受けていく必要が御座います。

治りづらいと言われる症状
整形外科などで頚椎椎間板ヘルニアの診断を受けた場合には、電気治療や薬物治療で症状を抑えていくことがメインになります。
しかし、こういった治療は一時的に効果があったとしても原因を取り除くことは出来ないため、しばらくするとまたつらい症状が襲ってきてしまいます。
そのため、完治させるのは難しくいつまでもリハビリ、投薬が続くことになってしまいがちなのです。

つらい症状の軽減、完治へと向かう治療
葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院では、頚椎椎間板ヘルニアを原因から治していくための専門的な治療をおこなっております。
原則的には保存療法がメインとなりますが、その中でも針灸療法が世界的にも認められているのです。
葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院での治療によって、今後つらい症状が起こらないような身体へと変化させていくことが可能です。

ご予約・お問い合わせは 当院への交通アクセス

交通事故・むちうち症