難病・脳疾患
  1. トップページ
  2. 脳梗塞後遺症

脳梗塞後遺症

脳梗塞は血管内で出来てしまった血栓が脳に行ってしまい血管を詰まらせてしまうという病気です。脳卒中のおよそ六割を占める非常に危険な症状であり、後遺症についても正しい治療が求められます。

後遺症が残りやすい疾患
脳梗塞という病気は、病気自体が治ったとしても後遺症が残りやすく、長期間に渡ってリハビリが必要なケースも多いのです。
病気をしてしまったら一生つらい後遺症と付き合っていく必要があるというわけでは御座いませんが、脳梗塞後遺症を改善させていくためには早期の治療開始が欠かせません。
病院でのリハビリでは思ったように改善せずお悩みの方は是非お早めに葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院までご来院ください。患者様のお身体の状態に合わせた最適な治療方法をご提案いたします。

さまざまな症状に効果がある針灸療法
脳梗塞後遺症にはさまざまな症状があり、人によって、さらには病気の程度によってあらわれる症状は異なります。
葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院の針灸療法は、運動麻痺や言語障害、自律神経失調症、精神障害などを始め色々な脳梗塞後遺症に効果を発揮いたします。
まずはどのような後遺症があるのかを確認させていただき、最適な治療をおこなってまいります。
治療する度に効果が見られますので、是非一度お試しください。

ご予約・お問い合わせは 当院への交通アクセス

交通事故・むちうち症