難病・脳疾患
  1. トップページ
  2. パーキンソン病

パーキンソン病

パーキンソン病というのは、手の震えから始まり徐々に身体が自分の思うように動かせなくなってしまうという症状です。脳にある神経細胞が編成してしまうことによって起こり、四十代~五十代の男性に多くみられる病気です。

針灸治療による効果
パーキンソン病は難治性の病気であり、さまざまな治療を試されている方もいらっしゃるかと思います。
乱れてしまった自律神経のバランスを整えることで脳に渡る血液の流れが改善されて、パーキンソン病の進行を食い止める効果があるということも研究により分かってきました。
そこで葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院の針灸治療によって自律神経のバランスを正常な状態へと整えていくことがとても大切なのです。
さらに、針灸治療によって脳内にあるドーパミンを増やせるということも分かってきたために、より効果的な治療であると注目されているのです。

西洋医学との組み合わせも可能
パーキンソン病の治療のためにお薬を長期で使用しているという場合には、身体が慣れてしまって効果が薄れてしまったり、副作用に悩まされてしまったりすることが御座います。
そこで、葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院の東洋医学に基づいた治療を組み合わせて受けていただくことで、相乗効果が得られます。
当院の施術による副作用の心配は御座いませんのでご安心ください。

ご予約・お問い合わせは 当院への交通アクセス

交通事故・むちうち症