神経疾患
  1. トップページ
  2. 三叉神経痛

三叉神経痛

顔にあらわれるつらい痛み
三叉神経というのは、「眼神経」、「上顎神経」、「下顎神経」という三つの神経から成り立っており、顔の感覚を司っております。これらの神経による痛みのことを三叉神経痛と呼びます。
まずは口を動かした際に痛みが出る程度なのですが、時間が経過して悪化してしまいますと食事をするのもつらくなったり、安静にしていても強い痛みが出てくるようになってしまいます。
夜寝ようと思っても痛みのために眠れないという方もいらっしゃるほどです。

原因が分からない症状
この三叉神経痛は詳しい原因は分かっておりません。たとえ病院で細かく検査をしてもらっても何の疾患も見つからないというケースがほとんどです。そのためとても治療が難しく、注射で痛みを抑えるしか方法が無いと思われている方も多いのです。
葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院では、この三叉神経痛を改善するために針灸治療をおこなっております。顔の神経だけではなく、首や肩、背中の緊張をやわらげるということにも注目していくことが大切です。
発症してからかなり時間が経過しているという場合でも根気強く葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院にて治療を続けていただくことで改善へと向かいます。

ご予約・お問い合わせは 当院への交通アクセス

交通事故・むちうち症