婦人科の疾患
  1. トップページ
  2. 子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症とは、本来子宮の中にある内膜組織が卵巣や腹膜などで増殖してしまうという症状です。
子宮内膜症であることによって不妊につながるとも言われております。
そのため、葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院にて早い段階できちんと治療をしていくことが大切です。

症状によって適切な治療を選びましょう
初期の段階では生理痛が強くなる傾向にあります。
この生理痛の程度も、なんとか我慢できるというもの、市販の痛み止めのお薬を飲めば大丈夫だというもの、痛み止めを飲んでも効果が無いものなどさまざまです。
また、普段から常に腹痛があるという場合には、かなり重症化してしまっている状態だと言えます。 病院で治療をしていけば良いのか、葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院の治療で改善させることが出来るのかというのは患者様のお身体の状態によって異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

副作用の無い安全な治療
病院でおこなう子宮内膜症の治療というのは、通常ホルモン剤の投与になります。
しかし、この治療には副作用の心配があり、身体に合わなくて適切な治療が出来ないというケースも御座います。
葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院の治療はお薬を使いませんので副作用の無い安全な治療なのです。

ご予約・お問い合わせは 当院への交通アクセス

交通事故・むちうち症