眼科系疾患
  1. トップページ
  2. 視神経萎縮症

視神経萎縮症

視神経萎縮症は、なんらかの影響によって視神経に問題が生じ、部分的もしくは完全に視覚が失われてしまうという恐ろしい症状です。完治させるのは難しいとも言われますが、葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院では一日も早く正常な状態へと戻れるように治療をおこなっております。

病変だけではないさまざまな原因
視神経萎縮症というのは、視神経が外傷を負ってしまったり、炎症を起こしていたり、腫瘍などの疾患で病変してしまったということだけではなく、さまざまな原因によって引き起こされます。
視神経が周辺の組織によって圧迫されてしまったり、網膜や血管の疾患によって機能が損なわれることもありますので、まずはどのような原因にて起こっているのかを確かめることが大切です。

針灸で眼球組織を活発化
葛飾区亀有・足立区近くの邱針灸専門院の針灸治療によって、視神経や網膜などの眼球組織が活発化いたします。これによって今まで生じていた視覚のトラブルが改善されていきます。
視神経萎縮症にとても効果的な治療方法なのです。
視神経萎縮症に対しての針灸療法というのは、世界的にも注目されており、西洋医学による治療と併せておこなわれているケースもたくさん御座います。

ご予約・お問い合わせは 当院への交通アクセス

交通事故・むちうち症